「一般社団法人 福祉防災コミュニティ協会」設立のご挨拶
~安全・安心で魅力ある福祉を目指して~

はじめに

今年は己亥の年です。亥年は大災害が多く、過去には関東大震災、伊勢湾台風、阪神・淡路大震災などが発生しています。大災害にしないためには、大規模な外力に負けないしっかりした備えが必要です。

しかし、わが国では、近年、多くの調査研究、迅速な情報提供がなされているにも関わらず、国内外を問わず多くの災害被害を受け続けています。

私たちは、福祉施設においては火災や災害時に避難する「消防計画」に加え、利用者と職員の安全な避難を確保する「避難確保計画」、避難先での福祉サービスの継続を行う「業継続計画(BCP)」福祉避難所など地域貢献・連携を行う「福祉避難所計画」が必要であることをアピールしてきました。これらを総合して「福祉防災計画」という新しい概念を提示しています。

すべての福祉施設が、大災害にも対応できる「福祉防災計画」を作成し、福祉関係職員の災害対応能力向上と平時からの魅力増進を支援することが、本協会のミッションです。

2018年度は、(一財)消防防災科学センター様からの委託事業により、石川県、富山県、三重県で福祉避難所マニュアル作成研修を実施しました。また、都道府県単位では、福井県、愛知県で福祉施設の事業継続計画(BCP)研修を実施できました。本年度は、すでに5県で福祉避難所マニュアル作成研修が決まっているほか、自治体や社会福祉協議会から研修依頼が多くなっています。

障がい者や高齢者と地域とのつながりが弱くなり、社会インフラに依存する都市型社会にあっては、「一緒に助かる」ためにハード、ソフト、ハートの備えを強化することが不可欠です。そこで、本年度は「みんな元気になる福祉避難所」事業を進め、マニュアル作成研修に加え、水のいらないトイレや給電機などハード整備にも力を入れてまいります。

今後とも本協会に対し、関係者各位のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

2019年5月吉日

一般社団法人 福祉防災コミュニティ協会 会長 浅野史郎


Copyright(c) 2016-2019 Fukushi Bosai community Inc. All Rights Reserved.