被災地への支援

被災地への支援(2019年度)

台風15号に対して

9月14日(土)、鍵屋代表理事・石川理事・国崎理事・上園上級コーチが、台風15号で被災した千葉県内(君津市、南房総市、館山市、市原市など)での支援活動を行った。
また9月17日には、フェイスブックにて「地域支えあいセンターの早期設置」を求める文章を公開した。

千葉県内 支援活動(9月14日)

台風19号「令和元年東日本台風」に対して

10月15日から湯井上級コーチがレスキューストックヤードの活動に参加し、長野市内で高齢者の聞き取りを行った。聞き取りからわかった被災者の問題点は看護師や保健師につなぎ、福祉避難所の候補にあげてもらうなどの支援活動を実施した。また長野県災害時支援ネットワーク会議にも参加した。

10月16日から上園上級コーチが川崎市男女共同参画センターと活動し、川崎市内の避難所で被災された高齢者等の聞き取りを行った。また女性の視点を生かした避難所の改善なども実施した。

千葉県内 支援活動(9月14日)

11月には鍵屋代表理事と湯井上級コーチが、長野市で在宅避難を行っている障がい者・高齢者に、生活物資を届けながら、聞き取りを行った。

千葉県内 支援活動(9月14日)

ビブス作成

被災地等での活動に向け、株式会社クオリティサポート様の支援により、ユニフォームとしてビブス20着を作成した。

協会のテーマカラーであるオレンジ色のビブスをベースに、前左下・後ろの反射材に「(一社)福祉防災コミュニティ協会」の名前を入れ、左胸には名刺が入れられるポケット、右胸にはペン差し、大きめポケットを備え、被災地での支援活動がスムーズにできるようにした。また体形や季節を問わず使えるよう、左右はマジックテープになっており、丸洗いも可能である。

ビブス作成


被災地への支援(2018年度)

大阪府北部地震

湯井認定コーチが、発災直後から大阪府内(茨木市や高槻市など)で支援活動を実施した。

また高橋副理事長が、災害救援レスキューアシストの活動に参加し、地震・台風被害の家屋屋根瓦の応急修理に従事した。

2018年 大阪府北部地震の支援する様子

台風7号および梅雨前線等の影響による平成30年7月豪雨

7月15日(日)、鍵屋代表理事・国崎理事・事務局 上園が倉敷市真備地区内の避難所を訪問した。

また、湯井認定コーチが支援学校の支援活動を、石川理事が避難所の支援を実施した。

2018年 台風7号および梅雨前線等の影響による平成30年7月豪雨の支援する様子

北海道胆振東部地震

田村副理事長・事務局 上園が、安平町役場等で支援活動を実施した。


Copyright(c) 2016-2020 Fukushi Bosai community Inc. All Rights Reserved.